投稿日:2020/11/16
ブログ

靴を知るには、足を知る

こんにちは。靴調整師の渡辺です。今回のテーマは、

「靴を知るためには、足を知る」です。

身心工房ReBornのメンバーで「足」を愛するリフレクソロジスト 佐藤公典さんがブログで「あし×足×脚」について書いていますので読んで下さい。

私も靴を語るうえで、あしを欠いて語ることはできません。

ここ身心工房ReBorn内で、色々な角度から足について語り、色々な足について知ってもらいたいです。

今回私が語るのは「足を知ることで靴を知る」です。

もともと「足るを知る」とは、老子の「足るを知る者は富む」のことわざから来ています。
意味は、「満足することを知っている人は、たとえ生活が貧しくても心は豊かである」ということです。

「足」という字は、「足跡」を意味しております。(色々諸説あります。)
足は「口=人」「止=跡」を合わさってできた象形文字で、ビジネスでも、人から賞賛をされるような物事をなり遂げることを「足跡を残す」と言われています。

その足跡こそ、ヒトとヒト以外を分類する1つの基準なのです。ヒトの基準は「二足で直立し、歩行すること」なのです。
ヒトが歩行することで
 ・足が歩行に専念でき、手が自由に使えるようになった(道具の使用)
 ・高い思考能力を獲得した。
 ・言葉でのコニュニケーション能力を開発。
など様々な能力を得たことが分かります。

しかし、直立二足歩行の進化の過程から退化へと移り変わると
 ・手が足の代わりとなり、体の支えとして使用する。(杖を使用するようになる)
 ・思考能力の低下
 ・行動範囲が減少し、コミュニケーションの低下
となっています。

だからこそ、現代社会において歩くことが推奨されているだと思います。

そして、歩くときに靴は欠かすことができない大切なパートナーです。

皆さんはそのパートナーをどうやって選んでいますか。

「足を知る」と靴を知ることができます。
足が満足する靴を履くと心が豊かになるからです。

もし、足が満足できない靴を履いている方がいらしたら、ご相談下さい。
心が豊かになる靴選びを致します。

                    靴調整師  渡辺ゆきひと

JIMC日本統合医療センター
JIMCとは
はじめての方へ
施設案内
サービスメニュー
研究発表
アプローチ
ダイヤローグ
ブログ
アクセス
メンバー紹介
よくあるご質問
プライバシーポリシー
お問い合わせ